美容の為の治療

歯科クリニックと連動したセルフケア

歯科

歯や歯茎の状態を良好に保つことを、口腔衛生と呼びます。歯は、虫歯に罹患すると再生が不可能です。歯茎においては、その不調が歯にも影響します。そのため、適切な口腔ケアが求められます。 適切な口腔ケアを行うと、むし歯や歯槽膿漏になりにくいメリットがあります。そのため、高齢になっても義歯を使用することなく自身の歯で食事を摂ることが可能です。自身の歯で食事を摂って栄養を摂取することは、心身の健康にもつながります。 とくに、歯科クリニックと連動したセルフケアが効果的です。歯科クリニックでは、むし歯の治療をほどこすだけではありません。磨き残しの指摘や、歯科指導も実施しています。また、場合によっては食事の指導も行います。よって、自分でも歯の健康を意識したケアが身につくメリットがあります。

歯の健康を保つための、現在の取り組みやトレンド

歯の健康を保つための現在の取り組みは、幼少期からの歯磨き指導です。学校教育ではもちろん、幼稚園や保育園においても歯の健康を保つ大切さを教えています。 また、市町村や歯科クリニックでは、母親に対する口腔衛生指導も行っています。市町村では、妊婦の歯科検診の開催と同時に、生まれてくる子供の歯のケアを意識づけています。歯科クリニックでは、子どもに歯磨きを行う母親に対して正しいケア方法と知識を提供しています。 口腔衛生のトレンドは、フッ素を塗布することです。フッ素は、歯の表面をコーティングして強くします。その塗布は、歯科クリニックではもちろん自宅でも可能です。さらに、フッ素入りの歯磨き粉やガムなどの商品も人気があります。